All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.14 (Wed)

天国で一緒に

ニールが死んで8日後、

4月3日に再び同じお寺に出向いて力丸のお葬式をしました。


nekomaru20


ニールの時と同じように、

棺に入れるものを準備しました。

たった一週間前に殆ど同じような作業をしたのに、

今日はネコを見送るなんて・・・

何とも言えない不思議な気分でした。



nekogreen99


ブーケは白い力丸に似合うように、

やっぱり白い花を選びました。

実際力丸は花など愛でるわけはなく、

どちらかというと葉っぱを囓っては困らせてくれたものですが・・・



炉から出てきた力丸の骨は、

ニールと時とは違ってとてもとても小さいものでした。

まるで魚の骨のような肋骨、

鉛筆より細い足の骨・・・

こんな小さな生き物だったのかと改めて驚きました。


骨を壺に収めて、持って帰ると、

家には2つの真新しいお骨が並びました。

それを見るとまた不思議な気持ちになって、

もう我が家の動物たちの半分は、

生きていないのだなぁと思いました。


nekomaru21


力丸は、

14歳と半年くらいを伴にしました。

ボクの人生において、これほど長くいた動物は初めてでした。

ネコらしく気まぐれで尊大で、

誰のことも頼らないような風でしたが、

ニールの死に何かを感じたのでしょう。


ニールが闘病中、

力丸は誰よりもニールの側についていました。

どうしてこんなにニールの側にいるのだろう?と不思議に思っていたのですが、

ネコの気持ちはいまいちわかりませんでした。


ニールが居なくなって、

残されたドッグベッドに、

やっぱり力丸は座っていました。

そのときも何を考えているのだろうと思いましたが、

今思えば、

ニールがもう居ないことをしみじみと感じていたのかもしれません。


力丸が子猫のように甘えてきた夜、

ボクがみたニールはきっと、

力丸を迎えにきたのだと思います。


立て続けに2頭を失って、

我が家にはボルゾイ2頭が残りました。

しばらくは寂しいけれど、

振り向けばこの半月近くの間、

寂しい思いをしてきたボルゾイ達が居てくれます。


そして天国にはニールと力丸がいるならば、

あちらの世界でも寂しくないのだと思えますし、

いずれは自分たちも向かう場所ですから、

再会を楽しみにしたいと思います。



*気に入ったらクリックしてね♪



にほんブログ村 犬ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

01:00  |  borzoi  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.14 (Wed)

静かな眠り

ニールが天国に旅立ったのが3月25日、

その翌日26日にお葬式、

その次の土曜日と日曜日は、

久しぶりにボルゾイ達と過ごし、

これから少しずつ日常を取り戻していこうと思いました。


月曜日の夜中、

ふと気がつくと、

ネコの力丸がボクの胸の上にのってゴロゴロ喉を鳴らしていました。

力丸はもう14歳で、

すっかり落ち着いた風で、

もう何年も前からこんな風に甘えてくることはありませんでした。

珍しいこともあるものだ、

となでていたのですが、

場所を変えては甘え続け、

一晩中甘えん坊になっていました。


まるで子猫の時に戻ったみたいな甘えように、

不思議に思ったのですが、

ニールが死んで動物たちの関係も変わっていくのかもしれない、

これから先の力丸がこんな風にずっと甘えん坊だったら可愛いな・・・


そんな風に思いました。


ふと、

何かの気配を感じて横を向くと、

そこにニールが居ました。

フサフサの毛並みまではっきりと見えました。

いつも陽気なニールと違って、

何処かまじめくさったような顔をしているので、

話しかけようと思ったのですが、

金縛りにあって動けません。


やっと動けたときには、

ニールの姿も消えていました。



翌日火曜日から、

力丸は急に元気がなくなりました。

ご飯は食べるけれど水を飲まないのです。


翌々日の水曜日、

獣医さんに見て貰ったところ、

腎臓の機能がとても弱っていると言われました。

もう助からないレベルの検査値でした。


木曜日には立てなくなり、

一晩中さすりながら一緒に過ごし、

金曜日の朝、4月2日に、

静かに天国に旅立ちました。



ニールの時とは違って、

いつ逝ったのか解らないくらいの静かな旅立ちでした。



*気に入ったらクリックしてね♪



にほんブログ村 犬ブログへ


テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

00:32  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.13 (Tue)

またまたありがとうございます。

ニールに、あーやさんからお花が届きました。


nekogreen97

とっても綺麗!

nekogreen98

いつも元気いっぱいだったニールにふさわしい、

明るいお花で、まるでニールがそこにいるようでした。

あーやさん、ありがとうございました♪



フラットを飼っている人は誰でも知っているように、

彼らは本当に陽気で人が大好きです。

そのテンションは獣医さんでも発揮され、

本来痛いことをする獣医さんでもお構いなく、

大好きでいつも喜びの歓迎をしていました。

そのニールが元気をなくしていったものですから、

獣医さんも看護婦さんもみんなでしょんぼりしたものです。


改めてニールを失ってから、

家の中のお日様のような存在が居なくなったと感じます。

ボルゾイチームは・・・

お日様よりはお月様、でしょうか。



さて、お花を頂いてからこうしてご紹介するのに、

随分時間が経ってしまいました。

その訳をお話しするのも少し気持ちが重たかったのですが、

次の記事で皆様にご報告させて頂こうと思います。


*気に入ったらクリックしてね♪



にほんブログ村 犬ブログへ


テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

23:59  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.29 (Mon)

ありがとうございます

今日は朝から、

宅急便屋さんが幾度もやってきました。

それはふさぎ込んでいるボク達の心を、

明るくしてくれる花たちでした。


nekogreen92


こちらはこうこちゃんとたつさんから。

白とグリーンがとても清楚なお洒落な花束です。


nekogreen93

次に、すぐ近くのお家の奥さんと子供達から花束を頂きました。

重たくて一人では持てなかったニールを一緒に運んでもらったりと、

いろいろ助けてくださった隣人です。


nekogreen96


こちらはそこのお嬢さんから。

まだ幼稚園に通う女の子ですがもうちゃんと死の概念が解るようで、

お供えの花を摘んできてくれました。


nekogreen94


こちらはサクラままさんから。

とても優しいサクラままさんらしい可愛らしいお花です。


ニールは犬よりも人が好きで、

皆さんにお会いするともう最大級に嬉しくなって、

喜びのあまり足とか踏んづけちゃうのですが、

本当に皆さんが大好きなのでした。

その皆さんからのお花、

ニールにしっかり届いたと思います。

どうもありがとうございました。


*気に入ったらクリックしてね♪



にほんブログ村 犬ブログへ





テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

21:13  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.28 (Sun)

またあう日まで

翌日26日の金曜日、

ニールのお葬式をしました。

もっとずっと一緒に居たかったのですが、

そういうわけにもいきません。


ボクは仏教徒ではないので、

お寺でのお葬式にはちょっと抵抗がありましたが、

こんな都会で住んでいるからには埋める場所もなく、

遺体を焼いてもらわなければいけないので・・・


お葬式は、仏教の人間のお葬式と似たものでした。


nekoleo9


これらは棺の中に入れたものです。

ボク達の匂いが染みついたバスタオル、

おやつのササミとおもちゃ、

喉の渇きを癒すためのフルーツ、

ブーケとローズポプリ(これは棺の中にまきました)


これらを棺に詰め込んで、

最後のお別れをしました。

生前ニールは足の飾り毛を触られるのを嫌がりましたが、

その飾り毛を少しだけ、

はさみで切り取りました。


ニールの身体を焼いてしまいたくありませんでしたが、

泣きながらお別れしました。


ニールの骨を小さな骨壺に拾い、

それを胸に抱いて帰りました。


こんな状態になってからは、

ニールは桜が見られるまで生きているだろうか、

と話していましたが、

こんな小さな姿になってのお花見となりました。


そして今日、

nekogreen91

お友達のチャコナツ家からお花を頂きました。

ニールにふさわしい、元気いっぱいのお花です。


10歳と3ヶ月、

ニールは沢山の人に可愛がってもらえました。

ボクにとっては初めての犬でしたが、

犬という生き物と暮らす喜びを、

ニールは存分に味わせてくれました。

この場を借りて、

皆様に感謝の気持ちとお礼をいいたいと思います。

ありがとうございました。


そして、ニール。

ボク達のところにやってきてくれてありがとう。

どんなときもいつも側にいてくれて、

慕ってくれてありがとう。

君に慕われるような人間だったかどうか解らないけれど、

疑いもせず側にいてくれてありがとう。


いつかボク達が天に召されて、

虹の橋までたどり着いたら、

そのときからはもうずっと一緒だから、

それまでの間、

先に旅立っていったお友達と一緒に遊んで、

待っていてね。

nekoleo10


またね、ニール・・・





テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

00:00  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。