All archives    Admin

09月≪ 2007年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.20 (Sat)

シンクロニティ

前回書いたように、クラリスとアシュレイはとてもよく似ている。この場合、似ているのは外見だけで、性格は大分違うのだが、

何故か仕草は良く似ている。

nekos14


ふと気づくと、そっくり同じポーズをとっていて、なんだか笑ってしまう。彼らは、そのように見えることを知っているのだろうか?

アシュレイはおっとりとしていて大人しく、小心者。ほんのちょっとしたことで飛び上がる繊細な神経の持ち主だ。一方クラリスは、明るくて無邪気で甘えん坊と、何時までも小さな男の子のような性格。普段は立ち居振る舞いや表情から、だいたいどちらかすぐ解かる。


時々、クラリスが何か離れたところで悪さをしていて、それを叱るときに間違えてアシュレイを叱ってしまうことがある。犬には個々に叱り方が違って、対クラリスには厳しく叱るのだが、それをアシュレイにやってしまうと、大層ショックを受けてしばらくいじけてしまう。

いじけたアシュレイを慰めつつ、本物の犯人のクラリスを叱っていると、その声にアシュレイがまたビビる。・・・と、2人の性格はまるで違うのだが、御覧の通り似ているが故、そのうちまた間違えるだろう。


nekooth10


関係ないが、揚羽蝶。庭の木で羽休めをしていた。もう寒くなってきたし、昆虫には辛い季節だろう。ネットでは二週間の寿命と書いてあったけれど、蝶の姿になってからの日数だろうか。

彼らは越冬できず死ぬ替りに、春にタマゴを残すのだ。



*ブログランキング参加中、よろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

19:41  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.07 (Sun)

グルーミング

犬は、人間に飼われている限りは、手の届かない部分は人間に手入れをしてもらうことになるが、野生で暮らしている時は犬同士で手入れをし合うのだと思う。

そうした犬の習性なのか、クラリスはしょっちゅうアシュレイの耳を舐めて掃除をしている。

nekos8


ニールの耳も舐めているが、特にアシュレイを舐めていることが多い。おそらくクラリスは、アシュレイが好きなのだろう(アシュレイはクラリスの叔母にあたる)。お陰で我が家の犬達の耳は、クラリスを除いて皆ピカピカ。


nekos9


耳が綺麗になると今度は目に移動。

nekos10


毛づくろいならぬ目づくろい。

この目づくろいは、実はアシュレイだけでなくボクにもやろうとする。
それどころかされるがままにしておくと、髪の毛までむしゃむしゃしゃぶり始めるのだが、これは馬の習性だろうか?(昔『動物のお医者さん』という漫画にそういう記述があった)

ボクにとっては迷惑極まりないが、アシュレイはどう思っているのだろうか?
クラリスの耳は誰も舐めてくれないので、ボクが綿棒で掃除している。


nekos11


グルーミング後の2人。微妙に嫌そうなアシュレイ。





それにしても、この二頭は本当に良く似ている。
nekos12


アップ。

nekos13



どっちがどっちか解かる?


*ブログランキング参加中、よろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

01:27  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.02 (Tue)

花泥棒

nekogri3


毎日の散歩コースにある花屋さん。この時間はまだ早朝で、店も開店していないのだが、御覧の通り、品物が無造作に置いてある。一応ブルーシートで覆ってはあるが隙間だらけ。大物はともかく、小さな苗なんて盗まれたりしないのか?

(その昔、スピッツに『花泥棒』というタイトルの名曲があった)


さて、この画像の花には、ケイトウと書かれた札が付いていた。

nekogri4


小さな炎みたいな形のが色とりどり沢山集まって可愛らしい。



一方、いつもの散歩コースに、誰かが植えたであろうケイトウが群生している。きっと近くの住民が、種を街路樹の根元に蒔いたのだろう。

nekogri5


中には1メートル以上に育ったものもある。この波打った、表面がブツブツした花が群生している光景は、ちょっと気持ち悪いように感じる。鶏頭、つまり鶏の鶏冠の部分に似ているということなのだが、赤紫の色合いと大きさと、中途半端な形が何か不安を掻き立てる。



nekogri6


ついでに同じ花屋に並べてあったコスモス。鮮やかで綺麗。コスモスは群生しているところが好き。



nekos7


3頭引き連れて、こんな感じで散歩している。犬達は、僕が指を指した方向は見るけれど、花には多分興味ない。

nekogri7


指の先に朝顔。秋と夏が混在している。



*ブログランキング参加中、よろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

00:20  |  plante  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.01 (Mon)

châtaigne

いつも通る散歩道に、夏から青い毬栗のようなものが落ちていた。

それは小ぶりで、青々としていて、ウニ状の形態をしていたが、まさかウニが落ちているわけもなく、かといって真夏に栗が落ちているとも思えず、結局それは毬栗モドキと命名され、その木の下を通るたびにしばしば見かけた。


さて、先日その毬栗がまた落ちていたのだが、少し茶色がかってきていたので、もしやと思って割ってみたら、出てきたものがこれ。

nekogri2


正真正銘栗だった。・・・モドキじゃなかったのだ。



可愛らしかったので、ダイニングの上にころりと飾っておいたら、ある日お昼寝している間に忽然と消失していた。


nekocla32


犯人と覚わしき奴。皮ごと生のまま食べてしまった。渋くないのかな、と思うが、祖父犬がドングリやマツボックリを齧っていた記憶があるから、意外と生でも食料になるのかもしれない。

その翌日また2粒拾ってきたので、今度は食べられないようにちょっと隠してある。人間が料理して食べるには量が少ないので、そのうち生の栗を袋で買って来て一緒に茹でようと思う。



nekooiseau3


唐突だがフラミンゴ。これは掛川花鳥園という楽園にいるフラミンゴの写真。正真正銘生きている。かなり怖い顔をしていて、その長い首で締め上げられそう。


するってえと・・・

nekooiseau4


我が家のフラミンゴ・ローズは、夜中にしか動かない。
その時間、キラキラ光る星の下で動いているものは、鉛で出来た兵隊とか、腕の綿がはみ出たようなテディ・ベアとか、埃を被ったフランス人形とか、ねずみに齧られそうになったナット・クラッカー(クルミ割り人形)とか、そんなものたちだ。




*ブログランキング参加中、よろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログへ



テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

21:59  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。