All archives    Admin

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.13 (Tue)

イングリッシュガーデン:バラクラ

唐突だが、この1年程、密かに考えていたことがあった。

それは、バラを育ててみたい、ということ。数年前にバラに興味を持ったときは、よく虫がつくというし、手入れが大変そうだということであっさり断念したのだが、徐々に育てたい気持ちが強くなってきたのだ。

ひとえにバラを育てるにしても、バラにも色々な種類がある・・・ということはボクにも想像がついた。
そこで、まずは自分の好みのバラを見つけようと思い、市内にある公園の一角の薔薇園に行ったのが去年。咲き誇る色とりどりのバラはどれも大輪で美しかったが、あんまり沢山あったので、自分の庭に植えたい一本を見つけることは出来なかった。

・・・多分あんまり綺麗で立派なものを一度に沢山見たので、圧倒されてしまったのだ。


さて、話は逸れるが、この週末、長野県に来ていたボク達は、蓼科にあるバラクラ イングリッシュガーデンに行こうと考えた。HPで見る限り、バラはまだ咲いていないようだったが、あと一月もすると満開になるであろう庭に、一足先に訪れてみた。


この日は全国的にも冷え込み、まして蓼科はとても寒い・・・
一瞬帰ろうかと思ったが、ティールームがあることを知って、後で温まればいいや、と覚悟して入園。

nekogreen18


そこは霧靄の立ち込める英国庭園が広がっていた。
静かで、時が止まったような空間は、染み入るように美しい。

nekogreen19


彼方此方に下げてある三色スミレの花籠。結構大きい。三色スミレがこんな風に植えられるなんて!とても綺麗で、今までどちらかといえば地味だと思っていた三色スミレの株がボクの中で上昇する。

nekogreen20


高原ということで、季節はまだ冬に近い印象。咲いている花からすると1月半ほど逆行するのだろうか、今まさにチューリップ満開だ。下界ではバラが咲き始めているというのに、同じ日本でもこんなに違うのだ。

nekogreen21


ちょっと不気味なグリーンマン(の子供?)。木の根元にすっかりマッチして居座っていた。側に咲く水色のパンジーが美しい。

nekogreen22


コイル状にカットされたツリー。こういう木を見ると映画『シザーハンズ』を思い出す・・・
英国庭園では、こういうカットされた木は珍しいように思う。

nekogreen23


ハッとするほど印象的な赤い花。冬の寂しさや孤独さを強調するような木の骨格、鮮烈の紅、時が止まったような壁。

nekogreen24


彼方此方に植えてある色々な種類のギボウシ(多分)の中で1番印象に残ったマーブル模様。
ギボウシはボクの庭にも一株あったのに、他の植物に負けて?いなくなってしまった。ここではものすごく大きく成長していて、これほど育つとしってビックリ。

nekogreen25


壁を伝うバラの蔓。バラの花が咲いたら一面賑やかになるだろう。

雨上がりで寒かったのと、シーズンでないこととで人が少なかった分、ゆっくり沢山写真を撮ることが出来たので、数回に分けてレポートしようと思う。


*ブログランキング参加中・・・よろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

23:08  |  plante  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

きれいだけではなくて奥の深そうな庭ですね。
孤独な感じのも解ります。
しまっち | 2008年05月17日(土) 19:06 | URL | コメント編集

★しまっちさん

この庭は徹底してイギリス庭園を演出していますが、イギリス人の持つ気質も同時に表現されていると思います。
自然への回帰、太古への憧れ・・・そういったテーマを盛り込んである庭は一つの人生そのものであり、壮大な作品であると思いました。

しまっちさんがこうしたお庭に興味をお持ちなら、そのうちお誘いしますよ~
ロビン | 2008年05月18日(日) 15:13 | URL | コメント編集

なるほど。
そういえば、(コレはドイツになっちゃうけど)
ヘッセも庭造り本を書いてるし、日本でも特に
昔の庭師は哲学者のようなものだったんでしょうね。

ぜひ、お誘いください!
庭(和・洋)、動植物魚(フルーツパークの熱帯果樹園はここ数年で4回くらい行ってるけど惹かれる)、
その他、芝生の上、山歩き、浜辺の散歩(海中は行ったことない^^)、等々、ウェルカムです。
しまっち | 2008年05月19日(月) 19:18 | URL | コメント編集

★しまっちさん

庭という仕切られた空間の中に、一つの世界が存在する・・・という感じなのでしょうね。

ボクも犬を連れてあちこちを散策することが、心に良いものを運んでくれるように思います。そういったところで見聞きするものは、けしてショッキングに押しつけてくるものではなく、今まで気がつかなかった部分が浮き出るように見えてくることが多くて面白いです。
今度は庭園へもお誘いしますね♪
ロビン | 2008年05月19日(月) 22:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nekokaburingo.blog115.fc2.com/tb.php/49-9279dc2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。