All archives    Admin

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'08.09 (Thu)

予想外

犬を迎えるにあたって、幾つか気にしたことがあった。

まず、我が家には先住の猫がいる。

nekomaru1


もうすぐ12歳の老猫で、気難しくアンチフレンドリー。老猫と上手くやっていけるのは、心優しい大型犬でしょうとの獣医さんからのアドバイスによって、方向は大型犬に決まった。
何でも同じくらいの大きさの動物だと、ヤキモチをやきやすく、飼い主の奪い合いになるらしいのだ(信憑性は不明)。


次に、短毛種の毛にアレルギーのある僕の体質から、長毛の犬がよかろう、ということになった。


それから、室内で飼うのだから、なるべくヨダレを垂らさないようなマズルの犬にしようと考えた。以前とあるペンションで、ピレネー犬を連れていた飼い主さんが、慢性的に垂れ続けるヨダレのために、始終床をタオルで拭いていたのを見たことがあったのだ。

頬の皮が垂れている程ヨダレを垂らすと聞いて、マズルの細い犬にしようと思った。


その他にも好みやら巡り会いやらの要因が重なりあって、ボルゾイを迎えたわけだが、予想外の性質が犬という種族にはまだあった。

それは鼻水。ことのほかボルゾイはしょっちゅう鼻水を垂らす。サラサラのヨダレみたいな水鼻だけれど、これをしょっちゅう擦り付けられるのだ。
なまじ体高があるゆえ、1メートルくらいのエリアは全部鼻水がつく。服も鞄もバッグも、遠慮なく鼻水が付けられていく、この鼻水被害は、ヨダレ被害と同じくらいの迷惑度だと思う。

1番の被害者は姿見(デカイ鏡)。猫も犬も鏡をちゃんと見るのだが、それぞれ体高の位置に白いスジが付いている(泣)。

nekocla13


その鼻だよ、鼻。自分で拭いてくれたらいいのに。と思ったら、僕のシャツで拭いているし(ひぃぃ)


*参加中、よろしくお願いします~


スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

19:57  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

わかる、わかる~~~~
鼻水。
疾風は年中風邪っぴきさんのようにさらさらした鼻水を
もうすぐ垂れそうなくらい溜めて、寝ている人の顔に落としに来る(;一_一)
かなり嫌な感じ・・・・・・・・
みどり | 2007年08月10日(金) 07:37 | URL | コメント編集

やはり・・・
鼻水はボルゾイに共通なのですねぇ(泣)

朝から鼻水の洗礼は受けたくないものです。
ロビン | 2007年08月10日(金) 13:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nekokaburingo.blog115.fc2.com/tb.php/9-6ad456a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。