All archives    Admin

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.26 (Fri)

最後まで頑張って・・・


しかしニールは、19日金曜日の朝を迎えることができました。

てっきり昨夜でお別れだと思いこんだボク達はほぼ貫徹で、

ふらふらしながら出勤しました。

車で1時間かかるところに酷い寝不足での出勤でしたが、

不思議と眠くありませんでした。


ボク達はどうしてもニールが旅立つ瞬間を看取ってやりたかったのです。


その数日前に、

仲良しのこうこちゃんとたつさんが、

週末にお見舞いに来てくださると言ってくれていました。

とても嬉しかったけれど、

もうその頃にはニールはいないかもしれない・・・

19日にはもうニールは、ほとんど歩けなくなって、

呼吸も虫の息のようでした。

意識も途切れ途切れで、

飼い主のボク達の声さえも届かない時間が多くなってきていました。



ニールは獣医さんの予想を超えて、

22日の朝を迎えました。

この連休、獣医さんはお休みでしたが、

特別にニールに点滴を打ってくださいました。

そしてその日の夜、

(ニールは昼間は病院なので、夜にしか会えなかったのです)

とても遠いところから、こうこちゃんとたつさんが来てくれました。


ニールはまだこうこちゃんとたつさんを見る前から、

何かを感じ取ったのでしょう、

振り向くといつものように玄関までお出迎えしていました。


きちんと立って、しっぽをフリフリしている・・・!


まったくいつものニールです。

ボク達は、ひょっとしたらもうニールは、

こうこちゃんやたつさんを見ても何も反応しないかもしれない、

と内心心配していたのですが、

何の心配もいりませんでした。

その後もこうこちゃんの顔を舐めたりと、

よたよたしながらも輝きを見せました。



その翌日も、ニールは比較的元気でした。

お見舞いの効果でしょうか、窓際にもたれかかって、

へそ天を見せることもあったほどです。


けして良くはならないと解っていましたが、

ニールの笑顔は、

ボク達にとって嬉しいものでした。


スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

22:28  |  borzoi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nekokaburingo.blog115.fc2.com/tb.php/97-9c27415f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。